介護の重要性、介護者に必要となる介護用品を手に入れよう

高齢者を守る介護の必需品を手軽に得る/> </div>
    </div>
      <!--MainImg-->
       <!--Primary-->
    <div class=
  • 寝たきりの人の為に

    介護を必要とする人の中には、寝たきりの人もいます。そういった人をサポートする介護用品の中には、機能性の高い寝具があります。ボタン1つで作動する機能は大きな力を要する事がないので、魅力的な商品です。

    ▶もっと読む

  • 昇降を楽に

    車椅子を利用している人にとっては、階段の昇り降りが出来ません。そういった問題を解決する為に昇降機が誕生しました。昇降機は、垂直方向に車椅子ごと移動できるので、とても便利です。

    ▶もっと読む

  • 住宅を快適に

    体に負担を背負う人は、一般的には辛くない住宅設備も、利便性の悪いものとなります。快適な介護をする為の住宅リフォームもあるので、利用してみるといいでしょう。サポートする家族の負担も軽減できます。

    ▶もっと読む

高齢化になると

他職種と共同する事が重要となる

 要介護状態になっても自宅で生活したいと願う人は多くいます。その人の尊厳を保ち、住み慣れた家や地域で暮らす為には介護用品が必要となります。しかし、現在は介護用品を利用したいと考える人に適切なアドバイスが出来ていないという問題点があります。今後、介護保険では地域包括ケアシステムという枠組みで地域の介護問題を解決しようとしています。地域包括ケアシステムとは、住み慣れた地域で安心して生活出来るように様々な専門職が共同して高齢者のケアを行うという制度です。  介護用品の利用においても、適切なオムツの使用や自宅の環境作りを支援する為に、看護師や理学療法士等の意見を取り入れた利用方法が行える様になるでしょう。この様に専門職の意見を取り入れる事で適切な介護用品の利用が出来る様になります。

介護用品の利用で注意したい事

 多くの介護用品はレンタル制度を設けており借りる事が出来ます。介護保険を使えば10分1の金額で介護用品をレンタルする事が出来ます。ベッドや車椅子、手すり等の介護用品は一つ一つの単価が高い事や状態によって必要な介護用品が変わるため、レンタルの利用がお勧めです。  しかし、介護保険のレンタル制度を利用する為には市町村で介護認定を受ける必要があります。状態によっては介護保険を利用出来ず、自費になってしまう場合があります。  また、介護保険では自分の介護度によって使える金額が決まっています。限度額を超えてしまうと自費となってしまいます。その為限度額を超えてしまった場合は、自分の使っている介護用品が適切かどうか検討する事が必要です。

  • 遠出を実現

    通常の車両であると、車椅子の人が乗り込む事は出来ません。しかし、そういった人も遠出が出来るように作られた福祉車両があります。その福祉車両は、身近なところでレンタルする事も出来るでしょう。

    ▶もっと読む

  • 利便性を高める

    介護を必要とする人の為に作られたマッサージベッドは、使用する人の快適さを優先して、質の高い材料を使用している事が多いです。また高級モデルであると、快適なマッサージを受ける事が出来るでしょう。

    ▶もっと読む